牛乳が飲めなくて恥ずかしいと泣く娘のお話。

学校から帰宅後、宿題をしながら泣き出した娘。

 

また給食で何かあったのかな。

 

基本給食以外は楽しく学校に通えているので

 

なんとなく察しはつくわけでして。

 

どうした?なんかあった?

 

今から牛乳買いに行きたい。

 

お家で練習したいから

(泣きながら嗚咽まじりに)

 

娘は大丈夫なのか?

娘の心が今にも壊れてしまいそう

 

少しずつ飲めるようになったらいいんだよと伝えると、

 

お友達も嫌いなのに頑張って飲んでいるし

 

飲めないの恥ずかしいから

 

すぐには全部飲めないかもしれないけど、涙

 

飲めないかもしれないんだけど、涙

 

本当は飲みたいんだけど、涙

 

と何かに憑りつかれているように繰り返し言う娘を

 

見ていられなかった。

 

直視できないよ。

またママが泣いてしまうから。

 

わかった!じゃあ宿題終わったら買いに行こうねと言い、

 

17時過ぎていたので外も暗くずいぶんと寒かったのですが

 

気分転換に娘の好きな図書館へ行き、

 

トマトスープの材料と牛乳を買って帰ってきました。

 

毎日私の練習の為のお料理ばっかりでごめんねという娘。

 

謝らなくていいんだよ!

 

むしろお野菜たっぷりで健康的だからママは嬉しいんだからね ♪

 

今日のご飯食べられなかったら、残してもいいの?と泣く娘。

 

ここはお家だよ?

それに練習の為なんだから

無理しなくていいよ。

だからもうお願いだから泣かないで。

 

 

f:id:kirakira26:20191129182318p:plain

 

終わりの見えないトンネルに立つ娘

 

応援することしかできないけれど、

 

ママはいつでも見方だから。

 

頑張りすぎないで良いからね。

 

元気で笑ってくれていたらそれだけでいいの。

 

 

泣き疲れたのか眠ってしまった娘。

 

ご飯が出来たら起こそう🍝

 

 

そして寝る前に、借りてきた絵本読もうね!

 

次女が急に嫌いだけど牛乳を飲むと言い出した (゚д゚)!

お姉ちゃんの頑張りのお陰で次女にもプラスの影響が ♪

 

 

 

 

 

 

先生!そのアザ虐待じゃないんですっていうお話。

f:id:kirakira26:20191129092354p:plain

 

先日ちょっと慌てたことがありまして、

 

何かというと

 

高いところからジャンプしてきたお友達が

 

次女に覆いかぶさるように倒れてしまい、

 

ほっぺたにあざを作ってしまったんです。

 

場所が場所だし、痛々しい状態のまま1週間ほど経つんですが、

 

朝ご飯を食べていると、この前先生にあざどうしたの?って聞かれたけど

 

なんて言っていいかわからないから

 

何も言えなかったの。と次女が言ったので、

 

そっか~先生何か言ってた?と聞くと

 

先生も足にあざがあるよ。

 

一緒だねって言ってたよと教えてくれました。

 

私はその娘の話を聞いて

 

もしかして私虐待していると思われたんじゃないかなって、

 

ふっと頭によぎったんですよ。

 

担任の先生ではないベテランの先生で私もお話したことあるし、

 

そんな風に思われないよねと自分に言い聞かせてみても

 

今のご時世何があるかわからないし、、、、。

 

その日の送迎時に

 

先生をお呼びし、

 

大した事ではないんですが、

 

娘のアザの事なんですが、ちょっとぶつけちゃって出来たもので

 

虐待ではないんですよ~と。

 

 

先生は笑って、

 

そんなこと全く思ってないですから大丈夫ですよ~

 

気を遣わせてしまってかえってすいませんと。

 

はぁ~良かった。

 

私の悪いところが出てしまったな。

 

この心配性どうにかならないかなぁ。

 

でも誤解?私の早とちり?で済んだので結果オーライ☆⌒d(´∀`)ノ

 

娘ちゃんのアザが早く治りますように♪

 

 私も心配性ですよって方

宜しければこちらをクリックお願いします♡

 ↓

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

 

給食に悩める親子の勝負の一日、その3

ウソをついて休んだ親子の一日は、、、。

正直あまり休まらなかったかな。

私は。

次女を幼稚園に送りに行ったら、

長女がお世話になった先生方から

「大丈夫?」

「早く良くなってね!」と優しいお言葉を頂き

スーパーでは、

「ママのお手伝い偉いね」と褒められ

マンションでは管理人さんに、

「これを食べて元気になってね」と

ヨーグルトを頂いてしまい、

なんだか

とっても申し訳ない気持ちで

いっぱいになってしまった。

娘も複雑な顔をしていた。

だって体調悪くないからね、、、。

ウソを付くことの罪悪感がフツフツと湧いてくる。

 

ウソをついているのはママだから

気にしなくていいからね♪

お休みしていいよって言ったのは

ママなんだから

悪いことしてるなって思わなくていいからね♪


今日は心と身体を元気にする日なんだからね。

と娘の気持ちを軽くする為に。


二人でお勉強して読書して人形ごっこして

娘の好きなパンを食べて過ごした、

娘と二人きりの貴重な5時間。

あっという間だった!!

娘のたくさんの笑顔も見る事ができたし、


ママは嬉しかったよ!!


エネルギーチャージできたかな?

明日から小学校に楽しく行ってもらいたいな♪

次女にもお姉ちゃんは体調が悪いから

お休みしていることにしているので

ウソをついて本当にごめんね。


休ませたことが良かったのか悪かったのか

正しかったのか間違っていたのか

正解は私には分からないけれど、

娘の笑顔を見ると

間違っていなかったかなって思える。


時には目の前の試練から逃げることも

必要なのだと感じた1日でした。

休む事の選択肢があることを提案してくれた旦那さんにも感謝。

 


さぁそろそろ次女をお迎えに行こう♡

次女にウソをついてしまった罪悪感から

普段は買わないおもちゃ付きお菓子を買ってしまったよ。
ママは^^;

喜んでくれるといいな♪

 

 

f:id:kirakira26:20191128140737p:plain

 

娘ちゃん、給食きっと食べられるようになるよ~って

思う方こちらをクリックお願いします♡

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村